太陽光を利用

メガソーラーに関わる取り組みについて

再利用可能な自然エネルギーの中でもっとも効率が良いとされているのが太陽光発電であり、補助金や新産業を期待する各地で大型発電施設であるメガソーラーの開発が行われています。 メガソーラーの利点として、ある程度開けた土地でソーラーパネルを設置できる場所であればほぼどこでも設置が可能という事があり、バブル期に開発され放置された土地や廃墟となった工場跡などに設置する企業も増えていますし、放置山林の新規開発という事であえて新しく切り開いて作る所も出てきています。 また利益が合わなくなった耕作放棄地において、日蔭が生まれるためある程度雑草を抑える対策にもなり利益が上がるという事で耕作放棄地へ設置も進んでいます。

大型太陽光発電所を扱う人々

以前は工場などのサブ電源であったり、各電力会社が火力や原発で行う発電の補助として設置されることが多かったメガソーラーですが、東日本大震災以降の補助金の設立により、様々な企業や市町村が参入してきています。 一例としては元々宅地開発で大型造成や電気関係のノウハウがあるゼネコンや建築会社が上げられますし電気パネルを作っているメーカーも自社の製品のアピールも兼ねてメガソーラーの設置を行っている所があります。 また地方の市町村においては、放置された山林ががけ崩れなどの原因になったり耕作放棄地が雑草の繁殖の原因になっており、そういった土地の整備維持を行うと同時に再開発という事でそういった使われなくなった土地にメガソーラーを誘致する動きがあります。